2017.8.12 19:18

神戸国際大付の3番手・花村が無失点救援「投げてきたマウンドで一番楽しかった」

神戸国際大付の3番手・花村が無失点救援「投げてきたマウンドで一番楽しかった」

 第99回全国高校野球選手権大会第5日第3試合(北海4-5神戸国際大付、12日、甲子園)神戸国際大付の3番手・花村が逆転した直後の八、九回を1安打0点に抑えた。初めて夢の舞台で投げた左腕は「歓声が気持ちよかった。投げてきたマウンドで一番楽しかった」と声を弾ませた。

 八回には2暴投で二死三塁のピンチを招いた。それでもスタンドからの北海への声援が「逆に自分への応援だと思った」と強心臓ぶりを発揮し、三振に仕留めた。

神戸国際大付・青木監督(七回にミス絡みで勝ち越され)「負けるときはこういうものかと一瞬感じた。選手たちが、このままでは終われないとやってくれた」

神戸国際大付・岡野投手(先発も六回途中2失点)「立ち上がりはよかったのに、二、三回に失点したのが反省点。打たれて単調になってしまった」

神戸国際大付・猪田捕手(2安打にも)「ランナーがいるところで返せなかったのが悔しい。谷口がよく打ってくれた」

神戸国際大付・田淵主将「北海は力のあるチームだった。接戦で初戦を取れたのは大きい」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 神戸国際大付の3番手・花村が無失点救援「投げてきたマウンドで一番楽しかった」