2017.8.10 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】プロの言い訳は恥ずかしい

【乾坤一筆】

プロの言い訳は恥ずかしい

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
一塁に戻った重信(中央)だが、帰塁の際、二塁を踏まなかったためアウトを宣告されぼう然

一塁に戻った重信(中央)だが、帰塁の際、二塁を踏まなかったためアウトを宣告されぼう然【拡大】

 拍子抜け、とはこのこと。6日の巨人-中日(東京ドーム)。1点を追う巨人は九回一死一、二塁で、坂本勇人内野手が中堅右へ大飛球。これを好捕されると、二塁ベースを回っていた一走の重信慎之介外野手が、慌てて一塁へ帰塁。その際、二塁ベースを踏み直さなかったため、中日側がアピール。もちろん野球規則に反しており、アウト! 前代未聞の幕切れになった。

 俗にいう“三角ベース事件”。かつては長嶋茂雄氏(巨人軍終身名誉監督)、イチロー外野手(マーリンズ)らもやっている。熱くなり、ついうっかり、ルールを忘れてしまうことは、あるかもしれない。

 実はプロ野球の試合中、他にも首をかしげることはある。それは「振り逃げ」。野球規則上、無死または一死で走者が一塁にいる場合、振り逃げはできない。にもかかわらず、その状況から三振して、一塁へ走り出す打者が、ごくまれに見受けられるのだ。

 少年野球の時代から、「振り逃げのチャンスがあったらまず、必ず走れ」と教えられてきたため、その指示がルールより優先する形で頭に浮かび、体が反応してしまう。そういうケースも、あるだろう。これもわからないではないが、やっぱり苦笑してしまう。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【乾坤一筆】プロの言い訳は恥ずかしい