2017.8.8 13:49

DeNA・桑原「まさか自分が」 6年目での初受賞に満面の笑み

DeNA・桑原「まさか自分が」 6年目での初受賞に満面の笑み

 セ、パ両リーグは8日、7月度の「日本生命月間MVP賞」を発表し、セの投手部門は巨人・菅野智之投手(27)は4度目、打者部門はDeNA・桑原将志外野手(24)が初受賞した。パの投手部門はソフトバンク・東浜巨投手(27)がプロ5年目で初、打者部門は西武・秋山翔吾外野手(29)が3度目の受賞となった。

 DeNAの桑原は6年目での初受賞に「まさか自分が受賞できるとは」と満面の笑みを浮かべた。昨季途中からレギュラーをつかんだものの、今季序盤は不調に苦しんだ。5月21日には打率が2割にまで落ち込んだが、起用し続けてくれたラミレス監督の信頼に応えた。

 京都・福知山成美高出身の24歳。7月1日の巨人戦では一回に先頭打者本塁打を放つと九回には逆転の満塁本塁打をマーク。「あの試合から波に乗れた。リズムを変えなかったことが実った月。とにかく勝ちたいという気持ちが自分を奮い立たせてくれた」と振り返った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・桑原「まさか自分が」 6年目での初受賞に満面の笑み