2017.8.5 05:02(1/2ページ)

コイ、ド派手“転投”…高橋樹、今季ワースト13失点で2軍降格へ

コイ、ド派手“転投”…高橋樹、今季ワースト13失点で2軍降格へ

四回、追加点を許した高橋樹(中)。援護をもらったが、踏ん張れず、マジック点灯はお預け

四回、追加点を許した高橋樹(中)。援護をもらったが、踏ん張れず、マジック点灯はお預け【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA13-3広島、15回戦、DeNA8勝7敗、4日、横浜)勝てば無条件でリーグ連覇へのマジックナンバーが点灯する試合でボッコボコにやられてしまった。広島の投手陣が崩壊し、今季ワーストの13失点で完敗。緒方監督は横浜スタジアムまで応援に駆けつけたファンに謝罪した。

 「こういうゲームをしてしまったのは自分の責任。また、あした切り替えてやっていきたい」

 誤算はジョンソンの代役として、高卒2年目でプロ初先発に抜てきした高橋樹。3点を守る二回二死満塁で倉本に中前適時打で2点差とされ、なおも満塁で桑原に逆転のグランドスラムを許してしまった。

 四回にも二死から桑原、田中浩のヒットで3点を失うなど4回7安打8失点でプロ初黒星。高橋樹は「走者が出たときのフォームとかを考えていきたいです。きょうのことを無駄にしないようにしたいです」と反省。指揮官は「これを経験にまた下で頑張ってもらいたい」と2軍降格を示唆した。2軍先発陣の福井、中村恭らが昇格候補とみられる。

【続きを読む】

  • 先発の広島・高橋樹=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 先発の広島・高橋樹=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 2回、DeNA・桑原に逆転満塁本塁打を浴びた広島・高橋樹=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • ベンチの広島・緒方監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 1回、2点本塁打を放つ広島・鈴木=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 1回、2点本塁打を放った広島・鈴木=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. コイ、ド派手“転投”…高橋樹、今季ワースト13失点で2軍降格へ