2017.8.3 11:45

埼玉栄が女子高校野球で史上最多の7度目のV 履正社は春夏連覇ならず 

埼玉栄が女子高校野球で史上最多の7度目のV 履正社は春夏連覇ならず 

女子高校野球決勝履正社ー埼玉栄。履正社の先発石村奈々は好投(撮影・大沢謙一郎)

女子高校野球決勝履正社ー埼玉栄。履正社の先発石村奈々は好投(撮影・大沢謙一郎)【拡大】

 第21回全国高等学校女子硬式野球選手権大会(3日、兵庫・スポーツピアいちじま)決勝が行われ、春の選抜大会を制し、春夏連覇を目指した履正社(大阪)は埼玉栄に0-1で敗れた。埼玉栄は史上最多の7度目の優勝を飾った。今春の選抜決勝と同じ顔合わせになった決勝は四回に埼玉栄が藤田投手のスクイズで先制。貴重な1点を藤田、廣瀬の継投で逃げ切った。

 一方の履正社は4度先頭打者をいかせなかった。

  • 女子高校野球決勝、履正社ー埼玉栄。二回、左前打を放つ履正社秋川桜三塁手(撮影・大沢謙一郎)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 埼玉栄が女子高校野球で史上最多の7度目のV 履正社は春夏連覇ならず