2017.8.1 13:00

【球界ここだけの話(984)】巨人・増田、とび職に就いた異色の経歴 育成から支配下契約を勝ち取った

【球界ここだけの話(984)】

巨人・増田、とび職に就いた異色の経歴 育成から支配下契約を勝ち取った

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
巨人・増田大輝 

巨人・増田大輝 【拡大】

 7月28日に育成から支配下契約を勝ち取った巨人・増田大輝内野手(24)は、家族の話になると言葉を詰まらせた。

 「(妻は)泣いていて直接話せなかったんですけど、LINEで『家族のために頑張ってくれてありがとう』って言ってもらいました。本当は自分が『ありがとう』って言いたいんですけど…」。

 2016年に独立リーグの四国アイランドリーグplusの徳島から、育成ドラフト1位で入団。入団前の2015年2月に結婚した妻、優香さん(24)、同9月に誕生した長男を妻の実家がある徳島・阿波市に残し、球団寮で単身赴任を続けてきた。

 定評のある守備に加え、課題の打撃を見つめ直して支配下契約をつかんだ。「(家族を呼び寄せることを)目標にやっていたので、妻とゆっくり話し合って決めたい」と笑顔で話した。

 増田は近大を中退後に半年間、とび職に就いた異色の経歴を持つ。「(野球でいきているのは)メンタル面ですかね。8時から5時まで働いて日給は8000円。高いところに登ったり、足場を組んだり。結構厳しかったので、鍛えられたと思う」。支配下契約がゴールではない。支えてくれた家族のためにも、“とび級”で1軍昇格を狙う。(長崎右)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(984)】巨人・増田、とび職に就いた異色の経歴 育成から支配下契約を勝ち取った