2017.7.25 20:55

NTT東日本が36年ぶりV/都市対抗

NTT東日本が36年ぶりV/都市対抗

7回表NTT東日本、勝ち越しの3点本塁打を放った下川(1)を迎えるナイン=東京ドーム

7回表NTT東日本、勝ち越しの3点本塁打を放った下川(1)を迎えるナイン=東京ドーム【拡大】

 第88回都市対抗野球大会最終日は25日、東京ドームで決勝が行われ、NTT東日本(東京都)が日本通運(さいたま市)を10-4で破り、電電東京時代の1981年以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。

 NTT東日本は4本塁打と打線が奮起。4-4の七回に下川が勝ち越しの3点本塁打を放ち、九回にも3点を加えて突き放した。打率5割5分の福田周が橋戸賞(最優秀選手賞)に輝いた。

 20年ぶりに決勝に進んだ日本通運は64年以来の優勝を逃した。

NTT東日本・飯塚監督の話「長い間待たせてしまったけど、今日黒獅子旗を取ることができた。(4本塁打は)普段打たない選手が打った。火事場のばか力を発揮した。大声援で力をもらった」

日本通運・藪監督の話「ホームランを4発打たれたら勝てない。投手は頑張ってくれたので責められないが、スタミナと気持ちが足りなかった」

NTT東日本・山村雅之社長の話「欲しくてたまらなかった(優勝の)黒獅子旗を手にできた。苦しい展開だったが選手は良くやってくれた。まさかこんなにホームランが出るとは思わなかった。本当に強いチームだった」

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝チームへ

  • 7回表NTT東日本二死一、二塁、下川が中越えに勝ち越し3ランを放つ=東京ドーム
  • 7回表NTT東日本二死一、二塁、中越えに勝ち越し3ランを放つ下川。投手阿部=東京ドーム
  • 日本通運戦に先発したNTT東日本・大竹=東京ドーム
  • 7回表NTT東日本二死一、二塁、中越えに勝ち越し3ランを放つ下川=東京ドーム
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. NTT東日本が36年ぶりV/都市対抗