2017.7.24 05:03(3/3ページ)

プロ注目捕手の報徳学園・篠原、3安打2打点で8強けん引/兵庫

プロ注目捕手の報徳学園・篠原、3安打2打点で8強けん引/兵庫

守っても好リードで投手をもり立てた

守っても好リードで投手をもり立てた【拡大】

 悔しさを糧に、長打力アップを目指してウエートトレに励み、体重は昨夏から4キロ増の80キロに。「打球の伸びが変わった」と成果を実感している。今夏はここまで4試合で13打数7安打6打点と絶好調。大角監督も「しぶとく点にからんで、4番の仕事ができている」と目を細めた。

 次は昨年散った準々決勝。相手は関西No.1右腕の呼び声高い山本拓実を擁する市西宮だ。「(山本は)いい投手。細かい野球で1点、1点を取っていきたい」と、山本を攻略しての昨夏超えを誓った。(須藤佳裕)

一回に今夏チーム1号となる先制ソロを放った報徳学園・小園海斗内野手(2年)「二死だったので二塁打以上を狙って、強く振ったのが本塁打になりました」

篠原 翔太(しのはら・しょうた)

 捕手。1999(平成11)年7月19日生まれ、18歳。兵庫県出身。池尻小1年から池尻ラッキーズで野球を始め、松崎中では兵庫伊丹でプレー。報徳学園では2年春から外野手としてベンチ入りし、昨夏から4番。同秋に捕手に転向した。右投げ右打ち。高校通算24本塁打。1メートル77、80キロ。背番号「2」

試合結果へ地方大会日程へ

  • 六回に左前適時打を放った篠原(撮影・岩川晋也)
  • スタンドでは6球団のスカウトが視察した
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. プロ注目捕手の報徳学園・篠原、3安打2打点で8強けん引/兵庫