2017.7.20 05:04(2/3ページ)

青藍泰斗4強!石川、スカウトの前で初先発いきなり151キロ/栃木

青藍泰斗4強!石川、スカウトの前で初先発いきなり151キロ/栃木

西武の渡辺久信シニアディレクター

西武の渡辺久信シニアディレクター【拡大】

 ギアを上げた。5-0の六回一死走者なし、カウント2-2。石川が右腕を振ると、スコアボードに自己最速を2キロ更新する「151キロ」の数字が表示された。どよめきに包まれる中、マウンドで笑みを浮かべる姿は大物感たっぷり。二死二、三塁から再び151キロをたたき出し、さらに観衆の度肝を抜いた。

 「思ったより球が切れていました。(151キロは)出そうと思って出したわけではない。たまたま。びっくりしました」

 高田繁ゼネラルマネジャー(71)が自ら訪れたDeNAをはじめ、バックネット裏にはプロ7球団のスカウト陣が集結した。長い手足から繰り出す直球とスライダーで、六回までに奪った三振は毎回の10。西武・渡辺久信シニアディレクター(51)は「高校生でトップレベルの投手。もっと球速は出る」と高く評価した。

 7月2日の千葉英和との練習試合で左足首を捻挫。初戦、3回戦とも救援で登板したが、球速は140キロ台中盤にとどまっていた。ほぼ回復して臨んだ試合で、能力の高さを証明した。

【続きを読む】

  • 長い手足を生かした豪快な投球フォームが持ち味。石川が最速151キロの直球で球場をわかせた(撮影・蔵賢斗)
  • DeNAの高田繁GM
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 青藍泰斗4強!石川、スカウトの前で初先発いきなり151キロ/栃木