2017.7.18 14:17

修徳が都紅葉川に8-1で八回コールド勝ち 坂本が投打に活躍/東東京

修徳が都紅葉川に8-1で八回コールド勝ち 坂本が投打に活躍/東東京

8回、適時二塁打で2点を追加し、コールド勝ちを決める修徳の先発投手・坂本大起=神宮球場(撮影・早坂洋祐)

8回、適時二塁打で2点を追加し、コールド勝ちを決める修徳の先発投手・坂本大起=神宮球場(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会東東京大会(18日、修徳8-1都紅葉川=八回コールド、神宮)東東京4回戦で2013年に夏の甲子園に出場した修徳が、都紅葉川に8-1で八回コールド勝ち。20日に予定される5回戦に進出した。先発の背番号1、坂本大起投手(2年)が8回3安打1失点。6-1の八回にはサヨナラの左翼線2点二塁打を放った。

 坂本は投打に活躍し、「思い通りのストレートが投げられた」と満足げ。阿保監督も「まだ2年生で経験は浅いですが、きっちり投げてくれた。合格点だと思う」とたたえた。

地方大会日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 修徳が都紅葉川に8-1で八回コールド勝ち 坂本が投打に活躍/東東京