2017.7.18 05:00

【絆トーク】豪雨被害受けた朝倉市の高校同士の対戦 普段通りの監督として振る舞う姿に感銘受けた

【絆トーク】

豪雨被害受けた朝倉市の高校同士の対戦 普段通りの監督として振る舞う姿に感銘受けた

 高校野球の福岡大会2回戦で、5日から九州を襲った豪雨で甚大な被害を受けた朝倉市の高校同士の対戦があった。

 朝倉に0-24で敗れた朝倉光陽の井手俊明監督(34)は朝倉市の消防団員の司令を務め、12日の試合の2日前まで孤立した住民の救助活動を行った。

 「『震災だから勇気を与えるプレーを』とか、そういうことは生徒たちには言いません。『初球を見逃すな』と、それだけを伝えました」。生徒にも動揺があり、なかなか野球に集中できない状況で、普段通りの監督として振る舞う姿に感銘を受けた。 (野球担当・横山尚杜)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【絆トーク】豪雨被害受けた朝倉市の高校同士の対戦 普段通りの監督として振る舞う姿に感銘受けた