2017.7.18 08:00

【小早川毅彦の打診球診】相手には脅威!巨人・マギー&阿部&村田の同時スタメン

【小早川毅彦の打診球診】

相手には脅威!巨人・マギー&阿部&村田の同時スタメン

7回、適時打を放つ巨人・阿部=ナゴヤドーム(撮影・山下香)

7回、適時打を放つ巨人・阿部=ナゴヤドーム(撮影・山下香)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-5巨人、13回戦、巨人9勝4敗、17日、ナゴヤD)2番にマギー、4番・阿部、5番・村田の3人同時スタメン。つながりは出てくるし、どこからでも長打の可能性がある。今の巨人打線は、相手にとって脅威だろう。

 私は6月15日、巨人-ソフトバンクのサンケイスポーツの評論で、マギーに二塁を守らせ、一塁・阿部、三塁・村田の「追撃シフト」をとるべきだと進言した。球宴前の12日のヤクルト戦から、この日と、まだ2試合だけながら、打線が格段に機能しはじめていることは間違いない。

 七回、無死からマギーが二塁打(代走・立岡)。坂本勇がきっちりと二ゴロで進塁させ、阿部が右前タイムリー。実にスムーズな得点のしかただ。直前に1点を許し、中日に傾きかけた流れをも引き戻す、効果的な攻撃だった。

 打線全体が低調なときに、2番に型どおりの、いわゆる“つなぎ役”を配しても、相手は怖くない。どうせ、全体的にはつながらないからだ。

 また、3人同時スタメンには、相手の警戒心と注意力が分散し、長野ら他の打者も打ちやすくなるという利点も、確かにある。

 このオーダーを、どこまで我慢して続けられるか。それが巨人浮上への大きなカギだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【小早川毅彦の打診球診】相手には脅威!巨人・マギー&阿部&村田の同時スタメン