2017.7.17 13:21

早実・清宮、高校通算105号は満塁弾 チームは七回コールド勝ち/西東京

早実・清宮、高校通算105号は満塁弾 チームは七回コールド勝ち/西東京

7回、満塁本塁打を放つ早実・清宮幸太郎=東京都八王子市(撮影・加藤圭祐)

7回、満塁本塁打を放つ早実・清宮幸太郎=東京都八王子市(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 西東京4回戦で、春夏連続の甲子園出場を目指す早実が、都芦花に14-0で七回コールド勝ちした。

 主将の清宮幸太郎内野手(3年)は、七回に左越え満塁本塁打を放つなど4打数2安打4打点だった。左方向の打球に「感触が良かったので入ったと思った」と笑顔。高校通算本塁打を105に伸ばし、史上最多とされる山本大貴(兵庫・神港学園)まであと2本と迫った。

  • 【高校野球西東京大会早実対都立芦花】試合後、握手する両チームのナイン=東京都八王子市(撮影・加藤圭祐)
  • 1回、安打を放つ早実・清宮幸太郎=東京都八王子市(撮影・加藤圭祐)
  • 7回、満塁本塁打を放つ早実・清宮幸太郎=東京都八王子市(撮影・加藤圭祐)
  • 2回、四球で出塁する早実・清宮幸太郎=ダイワハウススタジアム八王子(撮影・加藤圭祐)
  • 2回、野村大樹の適時三塁打で本塁生還する早実・清宮幸太郎=ダイワハウススタジアム八王子(撮影・蔵賢斗)
  • 試合後、取材に応じる早実・清宮幸太郎=ダイワハウススタジアム八王子(撮影・蔵賢斗)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 早実・清宮、高校通算105号は満塁弾 チームは七回コールド勝ち/西東京