2017.7.9 17:25

【球界ここだけの話(961)】イオン甲子園店の“中ぶらりん感”はもったいない 新施設で甲子園球場との相乗効果を

【球界ここだけの話(961)】

イオン甲子園店の“中ぶらりん感”はもったいない 新施設で甲子園球場との相乗効果を

阪神甲子園駅前の「イオン甲子園店」

阪神甲子園駅前の「イオン甲子園店」【拡大】

 週末なんて関係ない仕事なので、ついつい祝日や季節ごとのイベントに疎くなってしまう。記者1年目に高校野球の地方大会でスタンドを走り回り、応援団の中から主力選手の親やスカウトを探し回った記憶があるからか、高校野球の大阪大会が開幕すると、暑い夏がもうすぐそこまでやってきていると感じる。

 それに阪神甲子園駅と甲子園球場の間にある「イオン甲子園」の前を通る度に、高校野球取材取材班の弁当をまとめて買いに来たなあ、ということも思い出す。イオングループ傘下のイオンリテールは、5月24日に食品売り場を除くフロアの営業を5月末に終了すると発表した。地下2階の食品売り場は現在も通常営業しており、記者も試合前の腹ごしらえなどでお世話になっている。ただ、やはり食品売り場以外のテナントは店じまいしているためか、人通りは少なくなった印象だ。

 その分、甲子園球場にほど近い「ららぽーと甲子園」のにぎわいが目につくようになってきた。球場近くに住んでいる球団スタッフに話を聞くと、「遠くからも土日はお客さんが来ているし、週末に試合と重なるとすごい人になる」という。現在「ららぽーと甲子園」がある場所には「甲子園阪神パーク」があった。ジェットコースターもあり、冬はスケートリンクもあった。現役時代の掛布2軍監督をはじめ、阪神の選手もサイン会などを行っていたが、2003年に惜しまれつつ閉鎖となった。

 ただ新たな施設の誕生は地域の活性化に一役買い、甲子園球場との相乗効果も見込める。だから「イオン甲子園店」の“中ぶらりん感”はもったいない。「今後どうなるか(情報を)発信してくれたら、今後の楽しみにもなるし、地元も活性化すると思う」とは先の球団スタッフ。なんなら阪神タイガース+ららぽーと甲子園+新施設で「超・阪神タイガースタウン」なんて作ってみたら、取材が終わったあとの楽しみも増えるのに…。(新里公章)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【球界ここだけの話(961)】イオン甲子園店の“中ぶらりん感”はもったいない 新施設で甲子園球場との相乗効果を