2017.7.6 13:00

【球界ここだけの話(958)】心が折れかけた巨人・陽岱鋼を救った坂本勇の電話 

【球界ここだけの話(958)】

心が折れかけた巨人・陽岱鋼を救った坂本勇の電話 

特集:
坂本勇人
6月17日のロッテ戦で移籍後初本塁打となる2ランを放った巨人・陽岱鋼

6月17日のロッテ戦で移籍後初本塁打となる2ランを放った巨人・陽岱鋼【拡大】

 セ・リーグ5位の巨人は5日の首位・広島戦(マツダ)で5-0と快勝。今季初めて広島に連勝した。オフにフリーエージェント(FA)で加入しながらも出遅れや不調があった山口俊、森福、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)もそろい、反撃態勢が整いつつある。

 中でも30歳の陽岱鋼の加入は打線に厚みをもたらした。スピードと長打力、進塁打を打てる器用さも兼ね備え、1番や5、6番も打てる万能性を発揮している。昨季は日本ハムで打率・293、14本塁打、61打点をマークし、日本一に貢献。5年総額約15億円で巨人と契約した台湾のスターは、2年目を迎えた由伸巨人の期待の新戦力だった。

 ところが…。宮崎春季キャンプ中の2月9日に下半身の張りを訴え、1軍キャンプを離脱。リハビリは一進一退を繰り返し、開幕戦には間に合わなかった。

 4月以降も慎重なリハビリが続き、1軍の試合はすべてテレビ観戦。もどかしさと悔しさがこみ上げ、2軍の練習中に「もう駄目だ」と漏らしたこともあった。心が折れかけていたが、主将の気遣いに救われた。

 陽岱鋼が2軍調整していた4月と5月、夜になると2歳下の坂本勇から電話がかかってきた。春季キャンプから2人で食事に行く間柄の主将は「けが、どうですか」と尋ね、「僕、ダイさん(陽岱鋼)が来るまで頑張るから!」と励ました。

 普段の笑い話とは違う、坂本勇の真剣な言葉がうれしかった陽岱鋼。「あいつ、熱いんだよ」。笑顔を取り戻し、ジャイアンツ球場で地道なリハビリに耐えた。

 6月6日の西武戦(メットライフ)で復帰。巻き返しを狙うチームで、坂本勇とともに奮闘を続けている。「リハビリに付き合ってくださったトレーナー、コーチの方々、仲間に感謝したい。プレーで恩返しがしたい」と誓う陽岱鋼が反撃の起爆剤となる。(谷川直之)

  • 移籍後初本塁打となる2ランを放った陽岱鋼(右)をベンチで坂本勇(後列左)が笑顔で出迎えた
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(958)】心が折れかけた巨人・陽岱鋼を救った坂本勇の電話