2017.6.27 05:01

慶大、“岩見ネット”完成へ!右翼には由伸ネット/東京六大学

慶大、“岩見ネット”完成へ!右翼には由伸ネット/東京六大学

慶大の“岩見ネット”増設工事は急ピッチ。KEIOと記された描かれたフェンス奥の保育施設を守るため、高さ最高18メートルのネットがバックスクリーンまでつながる

慶大の“岩見ネット”増設工事は急ピッチ。KEIOと記された描かれたフェンス奥の保育施設を守るため、高さ最高18メートルのネットがバックスクリーンまでつながる【拡大】

 東京六大学リーグ、慶大野球部グラウンド(横浜市港北区)の外野後方の防球ネット、通称“岩見ネット”の増設工事が終了間近となった。26日時点で大半の工程を終え、来月7日に引き渡しとなる。

 球場は両翼97メートル、中堅118メートルあるが、ドラフト候補の4番・岩見雅紀外野手(4年)がフリー打撃で飛距離135メートル超の打球を飛ばして左中間後方の保育施設の屋根に当てるため、事故防止として工事が行われた。ネットの高さは左翼ポール際が15メートルから20メートルに、左中間から中堅は10メートルから18メートルで張られる。大久保監督は「右翼に(高橋)由伸ネットがあり、左中間が岩見ネットになるのだから記憶だけでなく、記録、勝利につなげてほしい」と話している。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 慶大、“岩見ネット”完成へ!右翼には由伸ネット/東京六大学