2017.6.20 20:11

日本ハム・大谷、故障後初めて1軍練習参加も昇格時期の判断は先送り

日本ハム・大谷、故障後初めて1軍練習参加も昇格時期の判断は先送り

特集:
大谷翔平
一軍練習に合流し、キャッチボールで汗を流した日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)

一軍練習に合流し、キャッチボールで汗を流した日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 左太もも裏肉離れのために2軍で調整していた日本ハムの大谷翔平選手が20日、札幌ドームで行われた1軍練習に故障後初めて参加した。全体メニューに加わったのは打撃練習のみだったが、久しぶりの本拠地で快音を響かせ「無事に一日一日、終わることができれば復帰に近づく」と話した。1軍昇格の時期については判断が先送りされた。

 球団トレーナーによるとリハビリは続いているという。この日のランニングも7割程度の力で、札幌ドームの人工芝ではなく隣接する天然芝の上で行った。大谷は「もちろん早く戻れればいいですけど、残りのシーズンを(プレー)できる方が大事。セーブをかけられるのは自分自身なので」と複雑そうに述べた。

 練習を見守った栗山監督は交流戦明け初戦となる23日の楽天戦での復帰について「可能性を探ろうと思って見ている。ただ思うようにいかないところもある。丁寧に考えないと」と慎重だった。

  • 一軍練習に合流して、ティー打撃練習を行った日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)
  • 一軍の練習に合流した日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・大谷、故障後初めて1軍練習参加も昇格時期の判断は先送り