2017.6.19 05:03

ヤクルト、交流戦最下位決定…山田が左肩に死球「力が抜ける」

ヤクルト、交流戦最下位決定…山田が左肩に死球「力が抜ける」

特集:
山田哲人
一回、山田は左肩甲骨付近に死球を受けた。フル出場も、今後に不安を残した (撮影・大橋純人)

一回、山田は左肩甲骨付近に死球を受けた。フル出場も、今後に不安を残した (撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ヤクルト3-6日本ハム、3回戦、ヤクルト2勝1敗、18日、神宮)ヤクルトは18日、日本ハム最終戦(神宮)に3-6で敗れ、交流戦を5勝12敗1分けで終了。最下位が決定した。

 不安材料が残った。山田が一回、有原の投球を左肩甲骨付近に受けた。治療後、フル出場したが「左腕は上げられるけど、上げたら力が抜ける。痛い。上半身に向かってくる球は避けられない。今後は様子見ですね」と症状を明かした。

 チームは川端やバレンティンら主力に故障者が相次ぐ。ただ23日のリーグ戦再開(対DeNA、神宮)まで4日間、試合が行われない。

 交流戦開幕から10連敗を喫し、最後の7試合は5勝2敗と盛り返したが、最終戦は黒星。真中監督は「山田は肩が上がりづらいといっていた。(試合のない)4日間でうまく調整してほしい」と心配した。今後に向けては「一人一人の状態が上向いてきた。先発投手も試合を作る数が増えた。自信を持って戦ってほしい」と期待した。 (吉村大佑)

九回にマスクをかぶり、プロ初出場を果たしたヤクルト・星野「5年目での初出場は恥ずかしいけど、少しでも試合に出られるようにしたい」

石川をリードしたヤクルト・井野「前半はどんどんいけた感じ。中盤からストライクを集めすぎて連打につながった」

試合結果へ

  • 1回、死球を受け一度ベンチに戻るヤクルト・山田=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 1回、死球を受け一度ベンチに戻るヤクルト・山田=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 9回の守備から登場したヤクルト・星野=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 7回から3番手で登板したヤクルト・ギルメット=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 6回途中で降板したヤクルト・石川(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 投球するヤクルト・近藤=東京都新宿区の神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 試合を見つめるヤクルト・真中監督=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 先発したヤクルト・石川=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 先発したヤクルト・石川=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • つば九郎プロデュースの父の日企画にちなみ、スーツ姿を披露したつば九郎。昨日のAKB48総選挙での結婚宣言をネタにさっそくジョークに盛り込む=神宮球場(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、交流戦最下位決定…山田が左肩に死球「力が抜ける」