2017.6.19 05:02

【102号&103号一問一答】早実・清宮、バックスクリーン付近に2発「たまたま」

【102号&103号一問一答】

早実・清宮、バックスクリーン付近に2発「たまたま」

4回、本塁打を放つ早実・清宮幸太郎=レクザムスタジアム(撮影・甘利慈)

4回、本塁打を放つ早実・清宮幸太郎=レクザムスタジアム(撮影・甘利慈)【拡大】

 プロ注目のスラッガー、早実・清宮幸太郎内野手(3年)が18日、香川・高松市のレクザムスタジアムで行われた香川県高野連主催の招待試合2試合に出場。第2試合の丸亀城西戦で、2本塁打を放ち、高校通算本塁打を「103」に伸ばした。

 --招待試合での収穫は

 「まず、たくさんの(観客の)中でやれる経験。それと投手陣。試合を重ねていくうちに、雪山らが安定してきた」

 --打席でファンの本塁打を期待する声援は聞こえるか

 「もちろん、聞こえています。結構、言われているので、慣れてきたかなという感じです」

 --調子が上がってきた

 「単にあまりバットを振れていなかった。最後の打席とか、ちょっと前に出ているかなという感じはまだするので、もうちょっと修正できればいい」

 --バックスクリーン付近に2本塁打

 「たまたまです。(打球の伸びは)トレーニングをしっかりやっているからだと思います」

 --18日は父の日

 「打ったときに思いました」

  • 高校通算主な上位選手
  • 早実・清宮のアットバット
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【102号&103号一問一答】早実・清宮、バックスクリーン付近に2発「たまたま」