2017.6.19 05:01

早実・野村、40号も「自分は中距離打者。気にしていない」

早実・野村、40号も「自分は中距離打者。気にしていない」

 プロ注目のスラッガー、早実・清宮幸太郎内野手(3年)が18日、香川・高松市のレクザムスタジアムで行われた香川県高野連主催の招待試合2試合に出場。第2試合の丸亀城西戦で、2本塁打を放ち、高校通算本塁打を「103」に伸ばした。

 前日17日の英明戦で1試合3本塁打を放った4番の野村(2年)が、丸亀城西戦の八回に左越えソロ。「自分は中距離打者。気にしていない」と分析するが、高校通算40号に到達した。三塁手から捕手に転向した5月下旬以後は打撃で苦しんでいたが、完全復調。清宮も調子を上げており、和泉監督は「2人が機能しないと点にはならない。本戦(西東京大会)は両者並び立つような大会になってほしい」と期待した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 早実・野村、40号も「自分は中距離打者。気にしていない」