2017.6.19 05:02

DeNA・飯塚がプロ初先発へ 勝てば3年ぶり交流戦勝ち越し

DeNA・飯塚がプロ初先発へ 勝てば3年ぶり交流戦勝ち越し

降雨ノーゲームとなり、高城は水のたまったシート上をスライディング。ファンを楽しませた (撮影・荒木孝雄)

降雨ノーゲームとなり、高城は水のたまったシート上をスライディング。ファンを楽しませた (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・パ交流戦、DeNA-オリックス=降雨ノーゲーム、18日、横浜)DeNA-オリックス最終戦(横浜)は18日、降雨のためノーゲームとなった。0-2の二回終了後に2度目の中断となり中止が決まった。

 「ファンや選手のけがの心配のことを考えるとベストな決断だったと思う」とラミレス監督は納得の表情を浮かべた。チームは今季最多の4連勝中。勝てば3年ぶりとなる交流戦勝ち越しが決まるが、振り替え試合が行われる、19日(横浜)に持ち越された。

 3年目の飯塚がプロ初先発を果たす。新潟・日本文理高出身で昨秋のキャンプからラミレス監督が期待を寄せていた右腕。今季は2軍戦6試合で3勝1敗、防御率2・79の成績を残しており、チャンスが巡ってきた。 (湯浅大)

飯塚 悟史(いいづか・さとし)

 1996(平成8)年10月11日生まれ、20歳。新潟県出身。直江津中時代には軟式野球部に所属。日本文理高では甲子園に3度出場し、3年夏に4強進出。2015年ドラフト7位でDeNAに入団。1軍出場はなく、今季2軍成績は6試合に登板、3勝1敗、防御率2.79。1メートル88、85キロ。右投げ左打ち。独身。年俸520万円。背番号30。

試合結果へ

  • 降雨ノーゲームになり、水のたまったシートの上をスライディングするDeNA・桑原=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 降雨ノーゲームになり、水のたまったシートの上をスライディングするDeNA・桑原=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 降雨ノーゲームになり引きあげるDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・飯塚がプロ初先発へ 勝てば3年ぶり交流戦勝ち越し