2017.6.7 13:00

【球界ここだけの話(929)】ヤクルト・山田が長年連れ添った“相棒”と別れ 苦楽をともにしたドナイヤ社製グラブ

【球界ここだけの話(929)】

ヤクルト・山田が長年連れ添った“相棒”と別れ 苦楽をともにしたドナイヤ社製グラブ

ノックを受けるヤクルト・山田=2016年8月4日撮影

ノックを受けるヤクルト・山田=2016年8月4日撮影【拡大】

 ヤクルト・山田が長年連れ添った“相棒”と別れを告げた。2012年のオフに出会い、翌年のシーズンから使い続けているドナイヤ社製のグラブ。今季から形も重さも同じで新しいものを使用しているが、実に4年間一度も変えずに愛用してきたグラブをお守りのようにバッグにしまい、遠征にも持参していた。

 ところが、6月1日のオリックス戦(京セラ)に同社の村田社長が訪れ、今季から使用しているグラブにも慣れてきたため“先代グラブ”を返すことを決意。山田は「会社に飾ってください」と申し出た。すると、村田社長は「実家に飾ってあげたほうがいい」と提案し、現在は山田の兵庫県の実家に飾られてある。

 ドナイヤ社製のグラブはプロ野球選手向けに販売しているものではない。主に市販のスポーツ店で誰でも購入できるものだ。だが、球界トップクラスのプレーヤーとなった山田にとって、ドナイヤ社製のグラブとの出会いは衝撃だった。

 「それまではグラブに興味はなかったんです。どのグラブでも一緒だと思っていました。でも、そんなことなかった。使いやすさもあったし、新しい発見もありました」

 村田社長は「うちの一つのグラブを4年間も使い続けてくれた。市販である、うちのグラブの耐久性を証明してくれたし、知名度も上げてくれた。本当に自信になります」と感謝感激。山田が、社長の努力を証明してくれたのだ。

 村田社長と山田にとって“先代グラブ”はかけがえのない存在だ。村田社長は「使い始めて2軍から1軍に上がって、レギュラーになって。オールスターにも出たし、日本シリーズにも、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)にも出た。彼が成長していく過程にドナイヤのグラブがあって本当にうれしい。グラブのおかげで、スターダムを駆け上がるところを近くで見られました」と感慨深げに振り返った。

 ドナイヤ社製のグラブとの出会い。それまでグラブに興味のなかった山田は変わった。グラブの手入れにこだわりを持つようになり、今では泥や汚れが一つもない、一品に仕上がっている。

 「だんだんと自分のものになってきました」と山田。打撃の調子は上がらないが、悲観することはない。苦楽をともにしてきた“相棒”と別れ、新しい幕が開ける。その先に必ずや希望の光はある。(赤尾裕希)

  • 山田が4年間使い続けたドナイヤ社製のグラブ。現在は山田の実家に保管されている
  • 2013年から使用し、今季アドバイザリー契約を結んだ「株式会社ドナイヤ」の記念パーティーに出席した山田(左)。右は村田裕信社長=2016年12月9日撮影
  • ヤクルト・山田が2016年に使用するアドバイザリー契約を結んだ個人グラブメーカー「Donaiya(ドナイヤ)」のグラブ。オレンジ×金色のロゴは山田だけのマークで、「日本一」「どないや」「GG賞」の刺しゅうも入っている
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【球界ここだけの話(929)】ヤクルト・山田が長年連れ添った“相棒”と別れ 苦楽をともにしたドナイヤ社製グラブ