2017.5.20 21:34

ヤクルトが4連勝 山田5号3ラン&ライアン4勝目

ヤクルトが4連勝 山田5号3ラン&ライアン4勝目

特集:
山田哲人
6回、逆方向に本塁打を放つヤクルト・山田=神宮球場(撮影・村本聡)

6回、逆方向に本塁打を放つヤクルト・山田=神宮球場(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト8-3阪神、8回戦、ヤクルト4勝4敗、20日、神宮)ヤクルトが効果的に点を奪い、4連勝。六回に3番・山田が5号3ランを放ち、先発・小川は6回1/3を7安打3失点で4勝目(2敗)を挙げた。

 燕が勢いに乗ってきた。一回に阪神・鳥谷の中前適時打で1点を先制されたが、三回に制球が定まらない藤浪を攻める。雄平が逆転の2点打。今浪の右翼線へ2点三塁打で一挙4得点で主導権を奪った。

 六回には山田が右腕・松田が投じた146キロの速球を右翼席へ運ぶ3ラン。6日のDeNA戦以来、11試合ぶりの一発でリードを広げた。

 阪神は七回に2点を返したが、ヤクルトは2番手・近藤、3番手・ギルメットとつなぎ、このカードの勝ち越しを決めた。首位の阪神は3連敗となった。

真中監督(今季初の4連勝)「先発が試合をつくり、野手がそれに応えている」

山田(六回に3ラン)「ボールを切らず(バットの)芯で打つことができた」

ヤクルト・伊藤投手コーチ(小川に)「ブルペンから良くなかったが試合をつくった。チームを引っ張ってくれている」

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルトが4連勝 山田5号3ラン&ライアン4勝目