2017.5.20 05:01

ソフトB・デスパイネ、ベースコーチと接触しアウト「止まれなかった」

ソフトB・デスパイネ、ベースコーチと接触しアウト「止まれなかった」

4回、中村晃の右安の間に、三塁を回った二走のソフトバンク・デスパイネが三塁コーチと接触し、3アウトとなる=メットライフ(撮影・早坂洋祐)

4回、中村晃の右安の間に、三塁を回った二走のソフトバンク・デスパイネが三塁コーチと接触し、3アウトとなる=メットライフ(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 (パ・リーグ、西武1-2ソフトバンク、7回戦、ソフトバンク5勝2敗、19日、メットライフ)珍しいシーンだった。四回二死二塁で中村晃が右前打。二走のデスパイネが三塁をまわったところで、村松ベースコーチと接触し、アウトを宣告された。ストップの指示に止まりきれず、左手が同コーチの腰に触れて、走塁を助けられたとみなされた。「本塁を狙っていて、止まれなかった。何が起きたか分からなかったよ」。それでも、七回先頭で左中間二塁打を放って決勝点の起点。「打って得点のきっかけになりたかった」とミスを挽回した。

試合結果へ

  • 4回、中村晃の右安の間に、三塁を回った二走のソフトバンク・デスパイネが三塁コーチと接触し、3アウトとなる=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 4回、中村晃の右安の間に、三塁を回った二走のソフトバンク・デスパイネが三塁コーチと接触し、3アウトとなる=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 4回、中村晃の右安の間に、三塁を回った二走のソフトバンク・デスパイネが三塁コーチと接触し、3アウトとなる=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトB・デスパイネ、ベースコーチと接触しアウト「止まれなかった」