2017.5.20 05:01

巨人・長野、今季初の適時打 高橋監督も笑顔「1本出たから話題に…」

巨人・長野、今季初の適時打 高橋監督も笑顔「1本出たから話題に…」

7回 2点適時三塁打を放つ、巨人・長野久義= 横浜スタジアム(撮影・中井誠)

7回 2点適時三塁打を放つ、巨人・長野久義= 横浜スタジアム(撮影・中井誠)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-5巨人=延長十回、7回戦、巨人5勝2敗、19日、横浜)長野が今季初の適時打を放った。七回二死一、二塁から、井納の低めの変化球を右前へ。鋭い打球を右翼・梶谷が後逸し、2点三塁打となった。ここまで犠飛とソロ本塁打による2打点だけ、得点圏では22打数無安打で「打てて良かったです」とコメント。前日18日まで2試合連続で零敗を喫していたチームにとって、3試合ぶりの得点。高橋監督は「本来は、もっとやってもらわないといけない選手。1本出たから(得点圏で無安打と)話題にならなくていいじゃないですか」と笑顔だった。

試合結果へ

  • 7回右適時三塁打を放つ巨人・長野=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 2回、好機で併殺打に倒れる巨人・長野=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・長野、今季初の適時打 高橋監督も笑顔「1本出たから話題に…」