2017.5.17 05:03(1/2ページ)

ルーキーがオリ救った!D2・黒木がV撃呼ぶ八回0封、連敗「6」でストップ

ルーキーがオリ救った!D2・黒木がV撃呼ぶ八回0封、連敗「6」でストップ

特集:
2017新人情報
八回を三者凡退に抑えた黒木

八回を三者凡退に抑えた黒木【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス3-2ソフトバンク、9回戦、ソフトバンク5勝4敗、16日、京セラ)「八回の男」の気迫が勝った。新人とは思えない強心臓ぶり。オリックスのドラフト2位・黒木優太投手(立正大)の快投が6連敗中のチームに勝利を呼び込んだ。プロ初星をつかみ、お立ち台で満面の笑みを浮かべた。

 「素直にうれしいです!! きょうの試合、負けられないという思いは強かったです」

 出番はいつもの八回。同点の局面で一発もある打順だったが、動じない。「怖さをもった中で押せた」。中村晃、松田、上林の好打者を自己最速タイの153キロを武器に力でねじ伏せた。グラブに「気迫」と刻む右腕がマウンドで体現。これで、13試合連続無失点とし、防御率は驚異の0・60だ。福良監督も「いつも、厳しい場面でいってくれて」と絶賛した。

 黒木はウイングボールの行方を問われると、一呼吸置いた。噛みしめるように言葉を発した。

【続きを読む】

  • 八回、大城の犠飛で勝ち越しのホームを踏む川端(背中、46番)と大盛り上がりのベンチ(撮影・森田達也)
  • 試合後、平野からプロ初勝利ウイニングボールを受け取り笑顔のオリックス・黒木=京セラ(撮影・森田達也)
  • プロ初勝利のウイニングボールを手に記念写真に応じるオリックス・黒木=京セラ(撮影・森田達也)
  • ヒーローインタビューのオリックス・黒木と大城=京セラ(撮影・森田達也)
  • プロ初勝利のウイニングボールを手に記念写真に応じるオリックス・黒木=京セラ(撮影・森田達也)
  • ベンチで険しい表情のオリックス・福良監督=京セラ(撮影・森田達也)
  • 5回、ソフトバンク・松田に本塁打を浴びるオリックス・金子=京セラ(撮影・森田達也)
  • 適時二塁打を放ち手を叩いて喜ぶオリックス・中島=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  • 8回、犠牲フライを放つオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. ルーキーがオリ救った!D2・黒木がV撃呼ぶ八回0封、連敗「6」でストップ