2017.5.11 19:35

ロッテD1・佐々木、制球定まらずプロ最短3回3失点で降板「悔しいです」

ロッテD1・佐々木、制球定まらずプロ最短3回3失点で降板「悔しいです」

1回、楽天・ウィーラーに先制の3点本塁打を許し肩を落とすロッテ・佐々木=Koboパーク(撮影・土谷創造)

1回、楽天・ウィーラーに先制の3点本塁打を許し肩を落とすロッテ・佐々木=Koboパーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天-ロッテ、7回戦、11日、コボパーク)ロッテのドラフト1位・佐々木千隼投手(22)がプロ4戦目で最短の3回4安打3失点で降板した。

 一回、制球の定まらない佐々木は、先頭の茂木に四球を与えた。続くペゲーロは空振り三振に抑えたものの、島内に中前打を放たれると、一死二、三塁からウィーラーに真ん中に甘く入った変化球を痛打され、先制の左越え3号3ランを許した。

 二回は三者凡退に抑え、立ち直ったかに見えた佐々木だったが、三回、茂木とペゲーロに連打を浴びる。島内は右飛に打ち取ったが、ウィーラーにはストレートの四球を与え、一死満塁のピンチを作った。続く銀次を一ゴロ併殺に打ち取り、何とかこの回を無失点で切り抜けたが、伊東監督は四回に大嶺祐をマウンドに送ったため、無念の降板となった。

 佐々木は「今日は試合前のキャッチボール、ブルペンでは悪くなかったのですが、試合で出せなかった。前回同様、初回にホームラン。こういう形で早い回での降板。悔しいです…」とコメントした。

試合結果へ

  • 先発するロッテ・佐々木=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 先発するロッテ・佐々木=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 1回を終え、厳しい表情でベンチへ戻るロッテ・佐々木=Koboパーク(撮影・土谷創造)
  • 先発したロッテ・佐々木=Koboパーク宮城
  • 1回、楽天・ウィーラー(左)に先制3ランを浴びたロッテ・佐々木=Koboパーク宮城
  • 4回、投手の交代を告げてベンチへ戻るロッテ・伊東監督=Koboパーク(撮影・土谷創造)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテD1・佐々木、制球定まらずプロ最短3回3失点で降板「悔しいです」