2017.5.8 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(899)】10年目を迎えたベースボール犬わさびちゃん 平らではない道を歩んで通算47試合目に臨む

【球界ここだけの話(899)】

10年目を迎えたベースボール犬わさびちゃん 平らではない道を歩んで通算47試合目に臨む

試合前、始球式用のボールをマウンドまで運ぶベースボール犬のわさびちゃん=2015年9月29日、神宮球場

試合前、始球式用のボールをマウンドまで運ぶベースボール犬のわさびちゃん=2015年9月29日、神宮球場【拡大】

 ボールが入ったカゴをくわえて始球式をお手伝いする、ベースボール犬のわさびちゃん(シバイヌ・♀)が、5月11日のヤクルト-広島(神宮)に登場することが決まった。野球場を愛らしく彩り、今季でちょうど10年目。メモリアルイヤーの初登板は、なんと13歳の“バースデー登板”だ。

 大一番を前に本紙の取材に応じ、わさびちゃん自ら、意気込みあふれる肉声を届けてくれた。

 「10ねんめ めもりある。おうえんしてきてくれた みんなに たくさんのえがおと ありがとうを おはこびするワン!」

 節目を飾ろうというドキドキと興奮が、こちらまで伝わってくるようだ。二人三脚で歩んできたマネジャーの三沢治美さんは「『集大成の年』として、一試合一試合を悔いなく、目の前のその一球を大切にお届けしていきたいです」と語る。

 本物のアスリートのように、平らではない道を歩んできた。練習と工夫を積み重ねながらも、わさびちゃん自身が楽しみ続けてきたことで長い間、多くの人を笑顔にすることができた。わさびちゃんのこれまでの軌跡を、改めてここに記しておきたい。

【続きを読む】

  • ベースボール犬の「わさび」(右下)を見るヤクルトの球団マスコット、つば九郎=2013年9月26日、神宮球場
  • ヤクルトのリーグ優勝がかかった大一番を前に、ベースボール犬のわさびちゃんが登場。マウンドまで始球式用のボールを運ぼうとするも悪戦苦闘する=2015年9月29日、神宮球場
  • 当時生後3カ月のわさびちゃん。大きく立派になりました
  • ボールが入ったカゴを運ぶわさびちゃん。練習ですが真剣かつ楽しそうな顔つきです
  • オフのわさびちゃん。こんなに気持ちよさそうに熟睡できるのも活躍できる秘けつです
  • こまめに訪れる動物病院で、獣医さんにほめられニコニコのわさびちゃん
  • お散歩中、笑顔がまぶしいわさびちゃん
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【球界ここだけの話(899)】10年目を迎えたベースボール犬わさびちゃん 平らではない道を歩んで通算47試合目に臨む