2017.5.1 05:02

阪神・桑原、今季2勝目のご褒美に甲子園で初立ち台「ありがとうございます」

阪神・桑原、今季2勝目のご褒美に甲子園で初立ち台「ありがとうございます」

桑原(右)は初の甲子園でのお立ち台で、殊勲打の北條とピースサイン

桑原(右)は初の甲子園でのお立ち台で、殊勲打の北條とピースサイン【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2中日、6回戦、3勝3敗、30日、甲子園)今季2勝目のご褒美。桑原に甲子園で初めてのお立ち台が用意された。

 「もう、すごく(声援は)届いています。ありがとうございます、いつも」。北條とともに拍手喝采を受け、頭を下げた。「僕が上がっていいのかなと…」と謙遜も、間違いなく、勝利を呼んだ投のヒーローだ。

 同点の八回に登板。一死二塁を背負ったが、堂上をスライダーで空振り三振、代打・亀沢を146キロで二ゴロ。直後の攻撃で、北條の勝ち越し打が飛び出した。

 4月5日のヤクルト戦(京セラドーム)から11試合連続の無失点。「好調の理由? 中継ぎ陣はみんな調子がいいんで、それに引っ張られて結果を残せている」。この日はドリスが登板できない中、桑原を含め、中継ぎ陣全員で穴を埋めた。

 2014年オフにオリックスからトレードで入団。昨季の1軍登板はなかった10年目の右腕だけに「まだ、いいときと悪いときがある。いいときの確率を増やしていかないと」と、決して浮かれることはなかった。 (三木建次)

試合結果へ

  • お立ち台でピースサインの阪神・北條と桑原=甲子園球場(撮影・松永渉平)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・桑原、今季2勝目のご褒美に甲子園で初立ち台「ありがとうございます」