2017.4.25 13:00

【球界ここだけの話(886)】巨人D4左腕・池田の『勝利の方程式』入りの可能性 “投げる殿馬”の見えない努力

【球界ここだけの話(886)】

巨人D4左腕・池田の『勝利の方程式』入りの可能性 “投げる殿馬”の見えない努力

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
23日の阪神戦で3番手で登板した巨人・池田。テンポのいいピッチングが魅力だ

23日の阪神戦で3番手で登板した巨人・池田。テンポのいいピッチングが魅力だ【拡大】

 巨人のドラフト4位・池田駿投手(24)=ヤマハ=が開幕1軍を勝ち取り、貴重な中継ぎ左腕として奮闘している。24日までに7試合に登板し、計7回1失点で防御率は1・29。4月13日の広島戦(東京ドーム)で石原に一発を浴びたものの、許した安打はその1本だけだ。打者の左右に関係なくきっちり1回を抑えられるのが強み。高橋監督は「いい投球をしている。実績をどんどん積み上げていってほしい」と期待を寄せる。

 昨年11月、社会人の日本選手権でヤマハを初優勝に導き、MVPを獲得した即戦力でピアノが趣味。野球漫画「ドカベン」のモデルとされている新潟明訓高の出身で、ピアノが得意な登場人物・殿馬にあやかって『投げる殿馬』とも呼ばれた。

 カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップなど多彩な変化球が持ち味。アマ時代は先発だったが、ここまでは救援としてフル回転している。

 尾花投手コーチは開幕前、「左の中継ぎが課題」と繰り返していた。結果を残すルーキーに対して「慣れたらいいところで使いたい」とリードした場面での起用も示唆している。現在の勝ちパターンは八回がマシソン、九回がカミネロが基本線だが、七回を投げる絶対的な存在はいない。結果を残し続ければ、そこに池田が名を連ねる可能性もありそうだ。

 プロ生活には「ようやく慣れてきた」と笑う。社会人時代はナイターが少なかったため、1軍に昇格した3月頃は生活リズムが変わって疲れもたまりやすかったという。そこで導入したのが一日最大3度の入浴。1度目は試合前に寮で入り、2度目は試合後に球場で、そして寮に帰ってもう1度入ることにしている。

 「しっかり長めに入って体を温めるようにしています。あとはお風呂の中でストレッチをしたり。股関節周りに疲れがたまりやすいので、しっかりほぐれるようにしているんです」。見えない努力が『勝利の方程式』入りにつながる。(伊藤昇)

  • 1日の中日戦に登板した池田。開幕1軍入りし、結果を残している
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(886)】巨人D4左腕・池田の『勝利の方程式』入りの可能性 “投げる殿馬”の見えない努力