2017.4.22 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】トラ番に「黄金の左肩持つ男」現る

【虎のソナタ】

トラ番に「黄金の左肩持つ男」現る

特集:
虎のソナタ
福留は試合前、東京ドームの外野を走って汗を流す。その姿に阿部は“打つはず”と予感した

福留は試合前、東京ドームの外野を走って汗を流す。その姿に阿部は“打つはず”と予感した【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-4阪神、3回戦、阪神2勝1敗、21日、東京D)間接的な“予告ホームラン”でした。

 「言った通りでしょ。きょうから僕のことを、『黄金の左肩を持つ男』と呼んでください」

 トラ番キャップ阿部祐亮です。東京ドームは、ほかの球場のようなバックネット裏ではなく、三塁側スタンドの中段に記者席があります。一回の福留の2号先制3ランの弾道を、その席で“真横”から見ながら、自慢たらたらに電話してきたのでした。

 この日の巨人戦は、前日20日まで中日3連戦を戦っていた名古屋からの移動日なしでのナイターでした。福留は、こういうときだからこそ体を動かさなければならないという考えなのでしょう。4月26日で40歳になるベテランは、打撃練習の前に、東京ドームの外野で入念に走り込んでいたそうです。

 「ああやって、しっかり走り込んでいるから、福留さんは元気なんだなあ」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】トラ番に「黄金の左肩持つ男」現る