2017.4.19 19:54

攻守に活躍の国学院大・横井「サイン切り替わり、転がすことだけ考えた」/東都

攻守に活躍の国学院大・横井「サイン切り替わり、転がすことだけ考えた」/東都

日大に勝利し喜ぶ国学院大ナイン=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

日大に勝利し喜ぶ国学院大ナイン=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 東都大学野球春期リーグ第3週第2日(19日、国学院大6-5日大、神宮)国学院大の強攻策が功を奏した。同点の延長十回一死一塁で横井は初球の送りバントをファウルした後、ヒットエンドランを成功させ二塁打。暴投での決勝点につながった。

 横井は「サインが切り替わり、転がすことだけ考えた」とほっとした表情。その裏の1死二塁のピンチを切り抜けての勝利に女房役は「小玉はいい球が来ていた。抑え役としての球威がある」と、2年生投手を褒めた。

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 攻守に活躍の国学院大・横井「サイン切り替わり、転がすことだけ考えた」/東都