2017.4.17 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(878)】開幕から大きく出遅れた中日 期待の新助っ人ゲレーロが打てないワケ?

【球界ここだけの話(878)】

開幕から大きく出遅れた中日 期待の新助っ人ゲレーロが打てないワケ?

14日の巨人戦で延長十二回、サヨナラ打を放った中日・ゲレーロ。こんなシーンをもっと見たい

14日の巨人戦で延長十二回、サヨナラ打を放った中日・ゲレーロ。こんなシーンをもっと見たい【拡大】

 森監督のもと、昨季最下位からの巻き返しを目指してスタートした中日が、開幕から大きく出遅れている。理由を挙げればきりがないが、期待の新外国人アレックス・ゲレーロ内野手(30)の誤算に尽きる。

 打率・224、1本塁打、5打点(16日現在)。春季キャンプ初日の打撃練習でサク越えを連発。キャンプ終盤の練習試合からオープン戦序盤にかけて本塁打を量産した。日本投手の外角に逃げていくボール球のスライダーにもバットを出さず、きっちりと見極められた。森監督も「シーズンが楽しみ」と話していたが…。

 ただ、記者が驚いたのは打てないことではなかった。ゲレーロといえば米大リーグ、ドジャース時代の2014年、同僚との口論をキッカケに殴り合いとなって耳をかみちぎられたことでも有名。当時、日本でも大リーグのトピックスとして報道された。

 昨季、メジャーでプレーしなかったことについて「スプリングキャンプでマイナーでの調整を命じられて、自分から退団を申し入れた」。1月の来日時、中部国際空港で過去のトラブルを包み隠さず報道陣に打ち明けていた。これは覚悟して取材しなければ…と思ったが、取材を通じてゲレーロへの見方が変わっていった。

 春季キャンプの練習では特別扱いされるのを嫌って日本選手と同じ練習メニューをこなし、オープン戦も志願でほぼ全試合に出場。シーズンに入ってからも試合のない休日、ナゴヤドームを訪れて練習やリハビリをしている姿が目撃されている。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【球界ここだけの話(878)】開幕から大きく出遅れた中日 期待の新助っ人ゲレーロが打てないワケ?