2017.4.15 18:48

立大・山根、九回二死走者なしで同点の左越え1号本塁打/東京六大学

立大・山根、九回二死走者なしで同点の左越え1号本塁打/東京六大学

9回、同点のソロ本塁打を放った立大・山根=神宮球場(撮影・今野顕)

9回、同点のソロ本塁打を放った立大・山根=神宮球場(撮影・今野顕)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ戦第2週第1日は15日、東京・神宮球場で1回戦が行われ、第2試合は法大と立大が延長十二回6-6で引き分けた。

 立大は九回に1点差に追い上げた二死走者なしで、7番・山根佑太外野手(4年)の左越え1号本塁打で延長に持ち込み、延長十二回引き分けとした。

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立大・山根、九回二死走者なしで同点の左越え1号本塁打/東京六大学