2017.4.13 18:37

中大・大工原、1番起用に応え3安打5打点の大暴れ「やりがいある」/東都

中大・大工原、1番起用に応え3安打5打点の大暴れ「やりがいある」/東都

 東都大学野球春期リーグ第2週第2日(13日、中大10-3東洋大、神宮)今季初めて1番に起用された中大の大工原が3安打5打点の大暴れ。二、四回に適時二塁打を放った。「決してきれいな安打ではないが、野手の前に落ちたりしている」と苦笑いしながらも満足そう。

 今季は全試合に出場して16打数9安打7打点。打順は8、2、2、7番とめまぐるしい。大工原は「1番は1年生以来。緊張するけどやりがいがある」と生き生きとした表情で話した。

中大・清水監督(監督復帰後初の勝ち点に)「(1番起用の)大工原が期待に応えてくれた。レギュラーの自覚が出てきている。(先発の)伊藤は走者が出てばたばたしたが、とにかく連勝で挙げた勝ち点は大きい」

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 中大・大工原、1番起用に応え3安打5打点の大暴れ「やりがいある」/東都