2017.4.13 05:02

中大・鍬原、自己最多14K完封!母の好きな色「紫」グラブで好投/東都

中大・鍬原、自己最多14K完封!母の好きな色「紫」グラブで好投/東都

完封した中大・鍬原

完封した中大・鍬原【拡大】

 東都大学野球春期リーグ第2週第1日(12日、神宮)1回戦2試合が行われ、中大が東洋大に3-0で勝利。先発した今秋のドラフト候補の最速152キロ右腕、鍬原(くわはら)拓也投手(4年)が自己最多の14三振を奪い、開幕戦と同じ4安打完封勝利を挙げた。国学院大と専大は5-5で引き分けた(規定により九回で終了)。

 国内11球団28人のスカウトが視察する中、鍬原が三振の山を築いた。自己最多の14奪三振だ。

 「球数は多くなるので、三振はいらないです。できれば1、2球で打ってほしい」

 そう笑いながら、充実感を漂わせた。中1日で先発した前回登板、6日の日大3回戦は2回4失点。「疲れを取ることが一番」と、通常は登板間に行う100球の投げ込みを20球程度に抑え、好投につなげた。この日の最速は150キロ。阪神の和田シニア・アドバイザーは「腕の振りが良くて、球に力がある。マウンドさばきがいい」と絶賛した。

 今年からグラブの色は紫。女手一つで育ててくれた母・佐代子さんの好きな色だ。内側には「親孝行」と刺繍(ししゅう)した。「プロに行く夢をかなえたい」。母への恩返しのためにも、アピールを続ける。(中田愛沙美)

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 中大・鍬原、自己最多14K完封!母の好きな色「紫」グラブで好投/東都