2017.4.11 05:00

駒大・大倉新監督、初陣9-0快勝「確実に点を取ることを徹底」/東都

駒大・大倉新監督、初陣9-0快勝「確実に点を取ることを徹底」/東都

駒大・東野龍二投手は東農大戦に先発し、7回3安打無失点=大田スタジアム(撮影・赤堀宏幸)

駒大・東野龍二投手は東農大戦に先発し、7回3安打無失点=大田スタジアム(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球2部リーグ第2週第1日(10日、東京・大田スタジアム)1回戦2試合が行われ、駒大が9-0で東農大に快勝。女子野球の前日本代表監督で、今春から母校でさい配を振るう大倉孝一監督(54)が初陣を飾った。立正大は拓大に7-1で勝利した。

 一回一死二、三塁で4番・岡田耕に命じたのをはじめ、スクイズを4度も試みるなど、大倉新監督が積極さい配をふるった。「打順に関係なく、確実に点を取ることを徹底して仕込んできた。4番が打っても点が入らなければ駄目。目標は優勝よりも、うちの野球を貫くこと」と言い切った。

  • 駒大・大倉孝一監督(左から2人目)は初勝利後、相手校に向かって礼=大田スタジアム(撮影・赤堀宏幸)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 駒大・大倉新監督、初陣9-0快勝「確実に点を取ることを徹底」/東都