2017.4.9 10:49

東京六大学・フレッシュリーグが開幕 2メートル左腕が“神宮デビュー”

東京六大学・フレッシュリーグが開幕 2メートル左腕が“神宮デビュー”

早大・今西拓弥投手(1年)は、1、2年生対象のフレッシュリーグの法大戦に先発し、5回2安打1失点で勝利投手となった=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

早大・今西拓弥投手(1年)は、1、2年生対象のフレッシュリーグの法大戦に先発し、5回2安打1失点で勝利投手となった=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の平成29年度フレッシュリーグが9日、東京・神宮球場で行われ、早大が6-1で法大を下した。1、2年生を対象としたトーナメント形式の新人戦を総当たり1回戦のリーグ戦形式で行うことになったもので、1時間50分をこえたら次の回に入らない特別規則。早大は現役選手で最長身、2メートルの左腕・今西拓弥投手(1年)がデビューし、四回までパーフェクト、五回に2本の安打と犠飛などで1点を失ったが、5回2安打1失点で最初の勝利投手となった。

 今西は「思ったほど緊張することなく、投げられた。憧れのユニホームで、インコースに決められたと思う。目標はリーグ戦でチームの勝利に貢献すること」と笑顔を見せた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東京六大学・フレッシュリーグが開幕 2メートル左腕が“神宮デビュー”