2017.4.8 16:48

東大・宮台、制球を修正できず「自滅で申し訳ない」/東京六大学

東大・宮台、制球を修正できず「自滅で申し訳ない」/東京六大学

5回に一挙5失点を喫し降板となった東大・宮台(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)

5回に一挙5失点を喫し降板となった東大・宮台(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ第1週第1日(8日、東大2-6明大、神宮)プロ注目の左腕、東大の宮台は制球を修正できなかった。走者を出しても無失点でしのいでいたが五回2死無走者から4連続四死球で先制点を献上。連続適時打を許してこの回途中で降板し「ふがいない結果。自滅で申し訳ない」と唇をかんだ。

 88球でマウンドを降りたことで浜田監督は「リベンジしたいだろう」と2回戦での登板を示唆。宮台は「行けと言われたら行く」と意気込んだ。

試合結果へ試合日程へ

  • 5回に一挙5失点を喫し降板となった東大・宮台=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 5回、押し出しで先制を許した先発の東大・宮台=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 先発の東大・宮台=神宮球場(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東大・宮台、制球を修正できず「自滅で申し訳ない」/東京六大学