2017.4.8 05:02

「東京六大学」8日開幕!東大・宮台、意欲満々「順調です」

「東京六大学」8日開幕!東大・宮台、意欲満々「順調です」

予定になかったブルペン入りで、緩い変化球もまじえ25球を投げた東大・宮台康平投手=東大グラウンド(撮影・赤堀宏幸)

予定になかったブルペン入りで、緩い変化球もまじえ25球を投げた東大・宮台康平投手=東大グラウンド(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ戦は8日、神宮球場で開幕する。ドラフト候補の最速150キロ左腕、東大・宮台康平投手(4年)は7日、東京・文京区の同大グラウンドで練習し、3連覇を狙う明大との開幕戦登板に備えた。

 「順調です。(体が)壊れないフォームに変えて、いまはフォームのことを考えずに投げられる。やってきたことが正しかったと証明したい」

 小雨の降る中、ブルペンで25球を投げて、意欲満々だ。昨春のリーグ戦は2勝4敗で、大学日本代表にも選ばれた。しかし昨秋は1勝したものの、肩の疲労と違和感を訴えて登板は1試合だけ。体を休めつつ、テークバックをやや大きくし、右足を踏み出す幅を小さくするなど投球フォームを矯正した。

 「宮台の回復は早かった。勝ち点をとるためにやってくれるでしょう」と浜田監督。プロ志望を明言する宮台にとっては、成果を示す春になる。 (赤堀宏幸)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 「東京六大学」8日開幕!東大・宮台、意欲満々「順調です」