2017.4.3 16:06

近大・谷川、冬場成果で2点本塁打「打った瞬間にいったと思った」/関西学生

近大・谷川、冬場成果で2点本塁打「打った瞬間にいったと思った」/関西学生

 関西学生野球リーグ第1節第3日は3日、京都市のわかさスタジアム京都で3回戦1試合が行われ、近大が5-1で立命大を下して勝ち点を挙げた。

 昨年は春秋とも5位と低迷した近大が、立命大から勝ち点を挙げる好スタート。田中監督が「あの2点が大きかった」と喜んだのが、一回の谷川の2点本塁打だ。好投手、東の直球を右翼へ運んだ3番は「打った瞬間にいったと思った」とうれしそうに話した。

 1年だった昨年は春から起用されたが、大学投手のボールに対応できず、打率は1割4分1厘。冬場に1日500本とバットを振り込み、結果も出てきた。谷川は「優勝を目指してこの冬にやってきた。いい状態です」と自信を見せた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 近大・谷川、冬場成果で2点本塁打「打った瞬間にいったと思った」/関西学生