2017.4.3 13:00

【球界ここだけの話(864)】中日D2・京田は松井稼頭央並みの身体能力!名伯楽・土井コーチが絶賛

【球界ここだけの話(864)】

中日D2・京田は松井稼頭央並みの身体能力!名伯楽・土井コーチが絶賛

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
中日の新人としては1999年の福留孝介(現阪神)以来の遊撃手でのスタメン出場でプロ初安打を放ったドラフト2位・京田陽太

中日の新人としては1999年の福留孝介(現阪神)以来の遊撃手でのスタメン出場でプロ初安打を放ったドラフト2位・京田陽太【拡大】

 投打の歯車がかみ合わず巨人に開幕3連敗の中日。昨季は19年ぶりの最下位。やっぱり今年もダメか…と竜党のボヤキも聞こえてきそうだが、『希望の光』もあった。ドラフト2位・京田陽太内野手(23)=日大=が走攻守で存在感をみせたことだ。

 3月31日。中日の新人としては1999年の福留孝介(現阪神)以来の遊撃手でのスタメン出場でプロ初安打。安定感抜群の守備、相手のスキをついて犠飛の間に一塁から二塁を陥れる好走塁など、得意分野でもアピールした。開幕3連戦中2試合(ともにスタメン)出場で打率・250(8打数2安打)だった。

 「(開幕戦は)試合が始まってもフワフワしている感じだった」。新人らしいコメントで報道陣を笑わせたが、首脳陣の評価は違った。

 土井打撃コーチは「地に足がついていたというか、新人とは思えないほど落ちついてプレーしていた」と振り返り、こう続けた。

 「守備と脚力はすばらしいと聞いていたが、正直なところ打つ方はどうかな、と。でもキャンプの動きをみて、身体能力と体の強さは、松井稼頭央(楽天)の若いころに匹敵するなと。どんなにハードなメニューを課しても音をあげないところはそっくり。飲み込みの早さも…。課題の打撃力も、山田(ヤクルト)を参考に足(左)に体重を乗せることを意識するようになってから打球が飛ぶようになった」

 西武のコーチ時代に清原和博、中村剛也(西武=おかわり君)ら数多くの打者を育てた名伯楽は、竜の『希望の光』をまな弟子の一人で日米通算2303安打(4月2日現在)、41歳になった今季も現役を続ける松井にだぶらせていた。

 大学No.1遊撃手と評価された。昨秋のドラフトでは中日以外の複数球団も上位候補に挙げていたが、打撃力に疑問符がつき投手補強を最優先。田中(ソフトバンク1位)、佐々木(ロッテ1位)らが注目を集めたが、投手とともにノドから手が出るほど欲しい人材は捕手と遊撃手だ。

 土井コーチは「これからプロの壁に何度もぶち当たるだろうが、1年後、2年後にすばらしい選手になっている気がする。いや、わたしらコーチも育てていかないとアカン」と力を込めた。

 森監督の任務は19年ぶりの最下位からの巻き返し&若手発掘。野手の旗印になるのは、京田だろう。松井稼頭央、そして竜党の願いは、立浪和義のようになってくれ-である。(三木建次)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【球界ここだけの話(864)】中日D2・京田は松井稼頭央並みの身体能力!名伯楽・土井コーチが絶賛