2017.3.21 08:00

【佐野慈紀のピッカリ診断】阪神・鳥谷、一塁の距離感取れていないのでは

【佐野慈紀のピッカリ診断】

阪神・鳥谷、一塁の距離感取れていないのでは

3回、エラーした阪神・鳥谷=ZOZOマリンスタジアム(撮影・森本幸一)

3回、エラーした阪神・鳥谷=ZOZOマリンスタジアム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (オープン戦、ロッテ6-3阪神、20日、ゾゾマリン)三塁と遊撃の守備には大きな違いがある。動きながら一塁送球する遊撃。待ったり、止まったりして打球を処理することが多い三塁。鳥谷を見ていると、まだ遊撃の動きが染みこんでおり、三塁の動きには慣れていない。

 この日の失策も、待って捕って、慌てて送球してのワンバウンド。一塁送球の距離感も取れていないのではないか。普段の守備位置をみても、三塁ベースまわりの人工芝と土との間の“切れ目”を嫌がっている感じが伝わってきた。そういう意味では、守備位置の前に“切れ目”が存在しない二塁のほうがいいのかもしれない。

 ただ、肩は決して衰えていない。あれだけの遊撃守備を披露してきた選手だから、慣れだけの問題だ。キャンプで三塁ノックを受けなかったマイナス面が出たといえる。開幕まで10日余り。感覚をつかむには十分時間はある。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【佐野慈紀のピッカリ診断】阪神・鳥谷、一塁の距離感取れていないのでは