2017.3.21 15:58

札幌第一、鍵は機動力対策「二次的なミスを誘発されないようにしたい」/センバツ

札幌第一、鍵は機動力対策「二次的なミスを誘発されないようにしたい」/センバツ

雨天順延になり、室内練習場で調整する札幌第一ナイン=甲子園球場(撮影・志儀駒貴)

雨天順延になり、室内練習場で調整する札幌第一ナイン=甲子園球場(撮影・志儀駒貴)【拡大】

 甲子園球場で21日に行われる予定だった第89回選抜高校野球大会第3日は雨のため中止となり、1回戦の創志学園(岡山)-福岡大大濠、東海大市原望洋(千葉)-滋賀学園、高崎健康福祉大高崎(群馬)-札幌第一(北海道)の3試合は22日に順延となった。試合を行う予定だったチームは同球場の室内練習場で1時間30分ずつ調整。

 札幌第一は入念な打ち込みで1日ずれた初戦へ調整した。菊池監督は春初勝利へ向け「食らいついて我慢していく試合にしたい」と語った。

 対戦相手の高崎健康福祉大高崎の持ち味である機動力対策が鍵。監督は「盗塁そのものより、二次的なミスを誘発されないようにしたい。プレッシャーをかけようという狙いにはまらないことが大事」と説く。捕手の西村は「投手との共同作業。けん制をしたりして、走ってきても刺せるようにしたい」と話した。

試合日程へ組み合わせへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 札幌第一、鍵は機動力対策「二次的なミスを誘発されないようにしたい」/センバツ