2017.3.21 10:41

創志学園は“お手玉”練習で集中 長沢監督「毎日やっている」/センバツ

創志学園は“お手玉”練習で集中 長沢監督「毎日やっている」/センバツ

練習する創志学園(岡山)・難波侑平=甲子園球場(撮影・甘利慈)

練習する創志学園(岡山)・難波侑平=甲子園球場(撮影・甘利慈)【拡大】

 甲子園球場で21日に行われる予定だった第89回選抜高校野球大会第3日は雨のため中止となり、1回戦の創志学園(岡山)-福岡大大濠、東海大市原望洋(千葉)-滋賀学園、高崎健康福祉大高崎(群馬)-札幌第一(北海道)の3試合は22日に順延となった。試合を行う予定だったチームは同球場の室内練習場で調整した。

 創志学園は練習の冒頭で、一風変わった“お手玉”練習を行った。輪になった18人が18個のボールを右回り、左回りと同時に手渡していき、長沢監督は「メンタルのトレーニングで毎日やっている。いつも失敗するのに、1回で成功した。きょうはとても集中していた」と説明した。

 エース難波はブルペンで約50球投げ、7種類あるという変化球の調整を行った。「思ったところに投げられた。調子はいい」とリラックスした表情だった。

試合日程へ組み合わせへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 創志学園は“お手玉”練習で集中 長沢監督「毎日やっている」/センバツ