2017.3.21 17:43

巨人野球賭博問題、高木元選手は22日で失格から1年…復帰はコミッショナー判断

巨人野球賭博問題、高木元選手は22日で失格から1年…復帰はコミッショナー判断

2016年3月9日、野球賭博問題で会見を行った高木京介元選手

2016年3月9日、野球賭博問題で会見を行った高木京介元選手【拡大】

 プロ野球巨人の野球賭博問題で、高木京介元選手に対する1年間の失格処分が発表されてから22日で1年を迎える。高木元選手が復帰を望む場合は、巨人を通じて熊崎勝彦コミッショナーに申請し、判断を仰ぐことになる。

 失格処分を受けた選手の復帰手続きは野球協約76条で定められている。まずは処分当時の所属球団に申請書を提出。球団が意見書を添えてコミッショナーに送り、正当と判断されれば処分が解ける。選手としての復帰だけでなく、球団職員として働く場合も処分解除が必要となる。

 野球賭博問題では2015年10月に福田聡志元選手ら3人の関与が発覚し、翌月に無期失格処分を受けた。高木元選手は16年3月に関与が明らかになったが、関わり方やその後の対応が異なるとして、1年間の失格処分となった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人野球賭博問題、高木元選手は22日で失格から1年…復帰はコミッショナー判断