2017.3.20 04:01

WBC準決勝、運命の一戦先発は菅野Vsロアークが有力

特集:
侍ジャパン
WBCニュース
米国代表タナー・ロアーク

米国代表タナー・ロアーク【拡大】

 準決勝の日本戦で、米国はロアーク(ナショナルズ)の先発が有力になった。米の全国紙「USA TODAY」(電子版)など複数の米メディアが19日(日本時間20日未明)、リーランド監督の方針として伝えた。

 30歳の右腕ロアークは今大会、1次リーグ2戦目のドミニカ共和国戦に2番手で登板し、1回1/3を3安打3失点。昨季は最速155キロの直球を武器に自己最多の16勝、防御率2・83をマークしており、本来の調子を取り戻せば、日本にとって難敵となりそうだ。

 日本は菅野(巨人)の先発が予想される。ここまで2試合に先発し、1次リーグの豪州戦は4回1/3を4安打1失点、2次リーグのキューバ戦は4回を7安打4失点でいずれも目標にしていた5回に届かず、勝ち投手にもなれなかった。中7日で臨む米国戦は、エースとしての真価が問われる。

試合日程へチーム情報へ

(紙面から)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. WBC
  4. WBC準決勝、運命の一戦先発は菅野Vsロアークが有力