2017.3.20 17:57

西武・多和田、制球甘く六回途中10安打 辻監督「花粉症というハンディ背負っている」

西武・多和田、制球甘く六回途中10安打 辻監督「花粉症というハンディ背負っている」

投球する西武・多和田=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐) 

投球する西武・多和田=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐) 【拡大】

 (オープン戦、西武3-2楽天、20日、メットライフ)西武の多和田は制球が甘く、六回途中までに10安打を浴びた。決め球のスライダーが高めに浮き、相手の打ち損じに助けられて2失点でしのぎ「体の開きが早く、腕が出てこなかった」と反省を口にした。

 辻監督から「先発の2番手」と期待されている。緩いカーブを収穫に挙げた一方で、速球とスライダーについては「開幕まで時間がないので、しっかり調整したい」と話した。

辻監督(2失点の多和田に)「花粉症というハンディを背負っているからね。よう投げましたよ」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 3回、同点の犠打を打つ西武・浅村=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  • 2回、右安打を放つ西武・栗山=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  • 8回、勝ち越しの右適時打を放つ西武・外崎=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・多和田、制球甘く六回途中10安打 辻監督「花粉症というハンディ背負っている」