2017.3.20 17:15

前橋育英・田中、公式戦初打席でいきなり先制打! 荒井監督の采配的中/センバツ

前橋育英・田中、公式戦初打席でいきなり先制打! 荒井監督の采配的中/センバツ

2回、前橋育英・田中が2点適時打を放つ=甲子園球場(撮影・永田直也)

2回、前橋育英・田中が2点適時打を放つ=甲子園球場(撮影・永田直也)【拡大】

 第89回選抜高等学校野球大会第2日第3試合(前橋育英5-1中村、20日、甲子園)前橋育英は21世紀枠で出場の中村を下し、春のセンバツで初白星を手にした。先発左腕・丸山(3年)が5回0/3を3安打無失点。六回途中から登板の2番手の右腕・皆川(3年)ら3投手のリレーで1失点に抑えた。中村は先発した北原(3年)が8回9安打5失点と力投したが、及ばなかった。

 この日が公式戦初出場、しかも甲子園という大舞台で、田中(3年)が大仕事をやってのけた。両チーム無得点で迎えた二回、2安打と犠打で一死二、三塁のチャンスを作ると「7番・左翼」で先発した田中が打席に。「思い切っていこうと思いました。力まずに打ててよかった」と、4球目の内角高め直球を叩き中前に2点打を放った。

 荒井監督のスタメン抜擢に見事に応えた。先制打を含む2安打、2盗塁と活躍した田中。指揮官は「コツコツと努力をする子で、力をつけてきていた。冬の練習などで土台がしっかりできあがっていたということ」と目を細めた。田中は「緊張していたけど、やってやろうと思っていた」と満面の笑み。スタメンの一員としてつかんだ初勝利に「繋いでいく自分たちの攻撃ができてよかった」と喜びに浸った。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 勝った前橋育英ナイン=甲子園(撮影・永田直也)
  • 2回、前橋育英・田中が2点適時打を放つ=甲子園(撮影・永田直也)
  • 3回、中村・大崎が安打を放つ=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 先発の中村・北原=甲子園(撮影・永田直也)
  • 先発の前橋育英・丸山=甲子園(撮影・村本聡)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 前橋育英・田中、公式戦初打席でいきなり先制打! 荒井監督の采配的中/センバツ