2017.3.12 16:01

社会人野球・東京大会で東京ガスとJX-ENEOSが2戦2勝

社会人野球・東京大会で東京ガスとJX-ENEOSが2戦2勝

東京ガス・石田はJR西日本戦に先発し、8回8安打2失点=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

東京ガス・石田はJR西日本戦に先発し、8回8安打2失点=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 社会人野球の東京大会第2日は12日、東京・神宮球場などで行われ、神宮球場の第1試合でAブロックの東京ガス(東京)がJR西日本(広島)をタイブレークの延長十回に5点を入れ、7-4で振り切った。4チームずつ4ブロックに分かれての総当たり戦の各ブロック1位が14日のトーナメントに進む方式で、東京ガスはAブロックで2戦2勝。

 第2試合はCブロックのJX-ENEOS(神奈川)が6-2で永和商事ウイング(三重)を下し、2戦2勝。

 東京ガスは、プロ注目の右腕・石田光宏投手(23)が先発し、8回8安打1四球4三振2失点で、延長十回一死満塁からのタイブレークで、4番・笹川晃平外野手(22)の左前打と小野田俊介外野手(24)の3点二塁打で5点を入れて突き放した。

 プロ注目のJX-ENEOSの右腕・江口昌太投手(22)は先発し、7回8安打2四球5三振2失点で勝利投手となった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 社会人野球・東京大会で東京ガスとJX-ENEOSが2戦2勝